おいしいブログ

誕生後2週間で思ったことなど色々書き出しておく vol.1

2018-07-25

2018年夏、第一子が誕生したのでこれを機に育児日記なるものを付けていこうと思います。今更ながらに産まれるまでのこと、妊娠した時、悪阻がまぁしんどそうでどうしたもんかなぁと思っていた時、お腹が大きくなって目立ち始めた時、胎動がはっきり分かりおぉ〜動いてますね・・🤔というような時などなど色々あったので書いておけば良かったなと思うところはありますが、書いてなかったものは仕方がないということで、始められたとこからです。

陣痛が始まる前後

前駆陣痛らしき痛みを訴えていたり、予兆と思しきことがあり、陣痛が始まるのか・・?でも予定日はまだ先だが・・?ふーむ?🤔 と正直どうすればいいのかよくわからないという感じで、ネットで調べたところで色々あるのはわかったけど、結局今はどういう状況なの?何をすればいいのか?という答えがわからないまま背中をさすったりしながら様子を伺うぐらいしかできないので、うーむむむ・・・といった状況。

翌朝、目が覚めると非常に苦しそうではないですか。聞くところによると、深夜から痛みが来ていたということで、Oh...なんということでしょうという朝から始まったわけですが、苦しそうではあるものの、病院も病院で連絡はギリギリになってからみたいなことを言っていて、ギリギリとは?!などと思いながら横についているぐらいで、モドカシイ長い時間だったなと振り返り。

そうこうしていると、そろそろ病院に連絡するというので病院に電話。病院も来てくださいというので向かいましょう。ここでひとまずの安堵。予め登録しておいた陣痛タクシーを呼び、荷物を抱えてタクシーに乗り込みます。

病院到着

到着したのは正午前ぐらいだったかと思いますが、助産師さんいわく、この調子だと早ければ夕方ぐらい、まぁ大体晩ぐらいの予想とのこと。病院についてから10何時間かかるのかなと思っていた手前、その時は近いといった状況。ひとまず腹ごしらえしてきます。

昼食から戻って来たところに、立会を希望していたので助産師さんに呼ばれそのまま分娩室へ。なんというか白衣のようなものを上から羽織った程度であっさりスススーと通されたので、立会心得とか説明とか注意事項とか何もなく、こう、スイッチを入れるタイミングを逸したというかなんというか。これまで見た分娩立会のビデオから得ていたイメージとかなり違ったので、あれはあれで撮影用に色々手が混んでる?大きな大学病院とかだともしかして・・?とか思っていました。

分娩立会

結局、分娩室に入ってから産まれるまで4時間弱ほどでしたが、長いようで、時間を気にすることもなかったせいか短いようで、産まれた時に看護師さんが時間を読み上げたときにもうそんなに時間が経ってたかと思ったほどでした。

陣痛が来たらいきむ、ひいたら休むを何度も繰り返していましたが、本当に大変そうでついつい自分もつられて息を吸ってン”ーッ!みたいなことやってました。意味ないんですけどね 😉 あとは赤ちゃん用に冷房が弱めてあって暑かったのでうちわで仰いで水を補充してとできることはそれくらいで、頑張っとくれ〜という感じです。

そうやって繰り返しているうちに佳境といった感じで、今赤ちゃんが一番狭いところにいてここを抜ければだから頑張ってと産科医や助産師さんが励ましていたのですが、どうにも見ている感じかなり体力が限界に近づいていそうでまだ頭も出ていないのに体力持つのか・・?と心配になっていたところ次の瞬間、おぎゃー!という声が聞こえてきました。イメージだと頭が出てきて、肩が出てきて、腕が出てきて・・と順にゆっくり出てくるものだと思っていたのですが、頭が抜けたらスッポーンと出てくるのか、先生がうまく引き出してくれたのか、ともかく驚いて、あれ?😲 といった感じで反応するのが少し遅れてしまったのですが、産まれた子が奥さんの手に抱かれ、嬉しそうな顔を見た時はちょっと感動の瞬間ではありました。私は泣いてませんけど 😤

産まれて

思っていた以上に色々な発見がありました。当初、独身以前や結婚後も妊娠するまで、は一人子供ができるということ以上に何か思うこととかできるのかな?🤔 とか、他人の子供を見る限りなぁ〜・・・とちょっと心配していましたが、病院に一緒に行って少しずつヒトの形を成していく過程や、胎動などでちょっとした自分の変化は感じられていたのと、産まれた時に、嬉しさとちょっとした感動を感じてしまったので、どうやらいらぬ心配であったようです。

男性もある程度積極的に育児に参加するようになってきている?このご時世、可能であれば出産には立ち会ったほうがいいなと思える経験ではあったし、あまりできることは多くはなくモヤりはしますが、その他出産の流れや頭が抜けたらスッポーン!なども自分のイメージと異なっていたところも多くあり、勉強になりました。

何はともあれ、健康に産まれてきてくれてありがとうございます。 無事に出産を終えて、お疲れ様でした。ありがとうございます。